あなたのブラウザはJavaScriptが利用できません。

初心者がホームページを作成する

ホームページを作成するためのPCって何がいいの?

ホームページを作成するためのPCって何がいいの?

どうも紫煙です。

今回は、私もちょっと気になったことをお話しようかなと思います。それは・・・

ホームページ作成にはどんなPCであればいいんだろう?

ということです。

まぁ、人によってはスマホで十分!っていう方もいるかもしれませんが、私個人的にはやっぱり

文字を打つならPCでキーボード使ったほうが楽だよね!

って考えてしまいます。
この感覚から、

ホームページ作成にはやっぱりPCが必要だなぁ

と思うわけですね。

どんなPCが必要?

そうなると、最初の内容のどんなPCが必要なんだろう?ってなるわけです。
私が考えるには、

・文字を入力していくだけなら、文字を作成したときに重くならないCPU・メモリ能力
・画像を処理する必要があるなら画像処理能力(グラフィックボード関連)
・量をこなすなら、反応速度がいいもの
・インターネットを出来る環境(有線・無線LANどちらでもOK)

といったところでしょう。

CPUとメモリって意外と重要

文字を入力するだけならCPU・メモリの能力があればOKとなりますが、これを考えていくとインテルCPUで考えた場合には

最新または1つ前のCPU換算で

・Celeron・Pentiumのような下位CPUは処理をする際に遅くなるのでNG
・Core i3以上であれば基本はOK。できれば周波数が高くコア数が多いものが長く利用可能となる
省電力のCPUは経済的にはもちろん優しいですが、その分周波数が落ち込むので同じような番号が振られていても性能は落ちるので出来れば省電力以外のCPUを利用したいところ

といった感じになります。

この記事作成時のCPUですと、Intel換算の場合には
Core i の8000番・9000番台ですね。

メモリはこの記事を作成時は最低16GBは欲しいところ。これはWindows自体にもメモリをかなり使用するため8GBだと不足しがちになる。

また、グラフィックをCPUに搭載されているグラフィック機能で利用する場合はグラフィックのメモリ処理もメモリからとられるため16GBあっても12GBや14GBのように減ってしまう。
(これは、グラフィックボードの場合は専用のメモリを搭載しているのに対して、CPUは専用のメモリを搭載していないため、処理に通常のメモリを利用している仕様からのこと)

注意)動画処理等の負荷がかかるような場合には、Core i の9700やメモリ32GB・64GBのように余裕をもって処理ができる高性能化が必要となる場合があります。
この部分は使用するソフトによってもCPU側に負荷をかけて処理するソフトか
グラフィックボード側に負荷をかけて処理するソフトかという部分があり必ず
CPUの高性能化が求められる!というわけではありませんのでソフト側の仕様も
併せて考えることが必要です。

上記2点から、快適にパソコンを利用していくにはCPUとメモリは欠かせないものとなります。

画像・動画処理をするならグラフィックボードも!

では画像処理にグラフィックボードというのはどういうことか。それは、

画像処理はグラフィックボードの得意とするところ

であるからです。
名前の『グラフィック』というぐらいで、画像や動画の処理(エンコード・デコードのような変換処理)をする際には専用の演算処理(人間でいう絵を描いたりすること)を得意とするのですね。CPUは全体的にそつなくこなす代わりに器用貧乏になりますので、長く遅い時間をかけて処理をすることになります。
ですので、ホームページに画像を載せよう!とか、ユーチューブとかに編集した動画を載せてリンクしよう!とか考えた場合にはグラフィックボードもあったほうがいいわけです。

では、どのようなグラフィックボードがいいんでしょうね。
今まで感じてきたところでは、Nvidia換算になりますが、

・Geforce 〇〇60 以上はOK(但し、高額商品になりやすいので価格とコストパフォーマンスによる考慮が必要になる)
・Geforce ○○50 は少し役不足(スタンダード・エントリー系のため、あまりお金をかけずに試してみていき後日上位を考える人向け)
・それ以下はCPUに毛が生えた程度の能力

と感じています。

当記事作成時はGeforceGTX1060以上をおすすめということになりますかね。
まぁ、好みや人によって用途が違ってくるわけで、強制するわけではありませんので『これは強制なんだ!』なんて考えは捨ててくださいね(笑)。

ドライブはできればSSDで!

またドライブですが、出来ればSSD搭載のほうがいいです。それは、速度が速くなりますからね。色々素材を保存しておくなら外付けHDDかHDDが別で搭載されている形のほうが安全です。ただ、SSDは高価になることが多いです。一度SSDを利用するとHDDの速度に戻れないといえるほど早いんです。なのでSSDにすることに関しては決断してから買うぐらいがちょうどいいですよ。

デスクトップPCとノートPCどちらがいいの?

では、デスクトップPCとノートPCどちらがいいの?ってお話がありますが、

・大きいサイズ(24インチとか)のモニターで大きく表示したい人はデスクトップPC
・画面が小さくてもOKで(17インチまで)持ち運び出来てコンパクトにしたい人はノートPC

こんな感じかと思います。
もしグラフィックボード搭載のパソコンが欲しいって人は『ゲーミングPC・ゲーミングノートPC』を価格.comなどで検索してみると値段はしますが色々と出てくると思いますよ。

パソコンは、ゲームや動画を見たりネットサーフィンをすれば趣味に、ネットショッピング経営やOfficeでの事務などをすればビジネスに使えるものです。はたまたJAVAやC言語などを学習していけばプログラミングもできてしまいます。
スマートフォンやタブレットは使い勝手がいいですが、その使い勝手を支えているのもパソコンです。

昨今スマートフォンやタブレットの影響で、『キーボードで入力できない』なんて人も出てきて来る時代です。
パソコンを利用できないことで就職時の状態が変わったりするかもしれません。

こうやって、記事を入力していくだけでもタイピングの練習になったりします。
もし、興味があるならばブログをやってみるのもいいかもしれませんよ。

ではでは、このへんでー。